ブルーベリーの産地の違い


ブルーベリーの産地の違い


世界には約150種類のブルーベリーが自生、栽培されています。同じ種類でも自生か栽培かによっても味や含まれる栄養素は違いますし、同じように、同じ種類、同じ育て方でも産地によって含まれる栄養は大きく違ってきます。

ブルーベリーの主な産地はアメリカ、オーストラリア、カナダ、アルゼンチンと世界中に広く分布していますが、野生種は数が減ってしまい現在ではもうほんのわずかしかありません。

厳しい自然の中で育ってきた数少ない野生種こそが、アントシアニンなどの栄養をたっぷりと含んでいるので、サプリなどに使われているのは主にこちらの野生種と言われるほうのブルーベリーです。

栽培種は世界各地で栽培されていて、大きくは寒冷地で育つ種と温暖な気候の中で育つ種に別れています。
種類によってももちろん違いますが、栽培種には栄養が含まれている種はあまりないようで、サプリメントとして使われるよりは食用としての方が多いようです。

見た目や味も同じブルーベリーでも種類によってぜんぜん違い、ブルーベリーの生る木の高さも違うので一見したらどちらもブルーベリーというのは信じられないかもしれません。

アントシアニンの含有量がブルーベリーの中でも一番多いビルベリーという種がありますが、アントシアニンを多く含むからという理由でビルベリーを食べても普通の人には酸味が強すぎて食べれたものではありません。

ブルーベリーも人間と同じで、育つ環境により同じ種の中でもまったく違うものに成長していくので、それぞれの用途にあった選び方が大事と言えますね。

サイドメニュー見出し

大正ブルーベリー

豊富なアントシアニンによるクッキリやハッキリをしっかりサポートしてくれる優れたブルーベリーサプリ!

〜ブルーベリーサプリランキング〜
大正ブルーベリー
製剤技術でのアントシアニンの吸収性がすごい!
ブルーベリー&ルテイン
「見る」をしっかりサポートしてくれます!
めなり
ゼアキサンチン配合のビルベリーサプリ!
協和発酵バイオ天然活性ルテイン
まぶしさが気にある方におすすめのサプリ!
ルックルックベリー
アントシアニンを豊富に含んでいるサプリ!
side_box03_img 大正ブルーベリー
ブルーライトやまぶしさが気になる方におすすめできるのがルテインを豊富に含んでいる大正のブルーベリーです。

めなり
新聞や小説など、小さい文字を長時間見る方に評判のブルーベリーサプリです。「見る」をしっかりサポートしてくれますのでおすすめです!

side_box03_img ブルーベリー&ルテイン
1粒に体に吸収されるアントシアニンを高めたブルーベリーサプリとして有名なサプリです。ぜひアントシアニンの実感を!

ファンケルえんきんの特徴
ファンケルのサプリ、えんきんの特徴は目に効く成分を含んだ目のサプリメントであるという事です。手元のピント調節を助け、さらに目の使用からくる肩や首筋への負担を和らげてくれます。